エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

 

こんにちは。

 

読んでくれてありがとうございます。

 

エロまんがを愛するエロエロ大臣です。

 

第1話 あらすじ

 

コンビニの女店長、千尋はいつもイライラモード

 

普通にしていれば美人なのに・・・

 

そのコンビニに今時のチャラ男、京介がバイトしている。イライラの原因である。

 

千尋のオ〇ニーを盗撮した京介はそれをネタに脅しを。

 

弱みを握られた店長は京介の奴隷に・・・

 

登場人物:店長の千尋

バイト、島崎京介

バイト、飯田奈緒

早く見たい人はこちらから

↓   ↓   ↓

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

 

第1話 ネ タ バ レ

コンビニの出来事、

 

店長の千尋、バイトの島崎京介にいつもイライラ。

 

今日も仕事中に

 

「島崎君、いつまでお喋りしてるつもりなの!?」

 

「あっ、店長、コイツ昔のダチでこの近所にすんでいるんだって!」

 

「マジ、うけますよね!」

 

「ったく!全然うけないわよ!」

 

「今は仕事中なのよ」

 

そこに、同期の奈緒が

 

「あまり、店長をこまらせないで!」

 

「奈緒ちゃんに頼まれたらしゃーねーな」

 

「助かったわ、飯田さん」

 

「島崎君、仕事終わったら事務所まで来なさい」

 

千尋はなぜ、京介は奈緒の事だと素直に聞くのかと疑問を感じていた。

 

「同期なので、付き合っているのかな?」

 

事務所で京介を説教して終わりかけた時、

 

奈緒が、

 

「話終わった?一緒に帰ろ!」

 

千尋も今日は疲れたの帰ることに。

 

「鍵を閉めて帰りますので、お先にどうぞ」と奈緒は店長に言ったので、

 

先に帰ったのだが、帰る途中にコンビニの制服だと気づき、仕方なく戻った。

 

「あれ、事務所の電気がついている?」

 

「あれ、人の声が、奈緒ちゃんがまだ京介を説教してくれているかな」と思い事務所に、

 

すると、

 

「いいだろ、奈緒ちゃんナマでするのが好きだろ・・」

 

事務所の机で2人はバックで状態で重なり合っていた。

「えっ、この2人事務所でなにやってるの?」

 

「まさか?セ〇クス?

 

「バイト中もこのマ〇コにぶちこみたくてさ・・ずっと勃起したまま働いいたんだから!」

 

はぁ~、はぁ~、わたしもよ」

 

「はぁ~、はぁ~、ずっとおま〇こびしょびしょにして・・レジ・・打ってたんだよ」

 

奈緒は積極的に自ら腰を振ってきた。

 

「京介のチ〇コが欲しくてお尻が勝手に動いてしまうの」

 

「こねくり回されるのが、すきぃ~」

 

「おま〇こイクゥ~~~~ッッッ~」

 

「コンドームゴミ箱に捨てたらダメよ!」

 

「別に誰もきづかない」

 

「ヤバい、見つかる、隠れなきゃ!」

 

まさか、あの2人が本当にあんな関係だったとは?

 

あの2人の激しい行為を思い出しながら

 

「そうだったわ!コンドームが」

 

「ほかの従業員にばれたら大変」とごみ箱からコンドームを手にした千尋。

 

「ひどいニオイ!」

 

「下品で淫らなニオイだわ!」

 

千尋は久しぶり嗅いだ男の精〇のニオイ

 

コンドームを片手にいつの間にか下着を脱いでマ〇コに手を・・・

 

やめなきゃいけないのに・・・

 

「クチョクチョ」と手がとまらない。

 

「クチョ、はぁ~、うっ!クチョ、はぁ~、あっあああっ・・・」

 

椅子の上でグチョグチョになっているマ〇コ

 

コンドームの精子をマ〇コに垂らし指で奥まで入れたり出したり

 

「んっ!んっ!いっ・・いっちゃううううううううう・・」

 

「誰かきた。誰かいるの?ヤバい」

 

「飯田さん。どうしたの?電気つけっぱなしでしたよ?」

 

「えっ、忘れ物です。・・・」

 

第2話へ

 

スッキリしてい人はこちらへ

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

 

第1話の感想

絵がとてもきれいです。

 

女店長はかなり欲求不満であると感じる。

 

ザーメンの匂いを嗅ぎながらオ〇ニーするとは・・・

 

それも、ザーメンを指につけて自分の膣中にいれるとは!

 

ザーメンのニオイがすきなのでは?

BookLiveコミック

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

第2話はどうなるのか?

楽しみです。