エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

セクシーの女店長はどうなるのか?

早く見たい人はこちらから

↓   ↓   ↓

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

 

あらすじ

あの盗撮動画をネタに・・・

 

 

バイト最中にもかかわらず、レジの下で生フ〇ラ

 

 

常連お客が来てもかまわなく続けている。

 

フ○ラだけででは物足りず、

 

 

 

倉庫で店長と生セ〇クス。

 

 

千尋はもうチャラ男の奴隷化になりつつある・・・

 

 

前作はこちらで

↓  ↓  ↓  ↓

見下していた男にレ○プされメス奴隷にされる女店長

第4話の

仕事中にバイトの性処理をさせられ生膣内出し

 

 

「店長、やることわかるでしょう。オトナだからね」

 

 

脅迫され、レジの下でひざまずいて京介のチ〇コを舐め廻している千尋。

 

 

そこに、常連客がカウンター越しに

 

 

「よう、島崎くん、最近なんかいいエロ本はいった!」

 

 

「あ~。今日入荷したんすけど、フ○ラ特集がヤバかったっすよ!」

 

 

「ほら、職場の机の下で口マ〇コ秘書とか」

 

 

「ほ~男なら一度は経験したいものだよね~」と常連客。

 

 

「相手がマジ上司とかだたマジヤバくないっすか!」

 

 

まるで今の私の状況の事だと思った。

 

 

「レロ、クチョ、レロ、クチョ・・・ジュボッ」

 

 

「俺だったガンガンいきますわ!」

 

 

チ〇コを咥えて苦しそうな千尋は気づかれないように我慢していた。

 

 

常連客との会話はまだ続く。

 

 

「んでっ!小声で命令したりするんっすよ!」

 

 

「おらぁ~。もっと亀〇も丹念にぺろぺろすんだよ!とか!」

 

 

千尋は、私に命令しているとわかっていた。

 

 

あむぅ~!ずゅろっ・・・れるれるっ・・くりゅぅぅぅぅ・・・」

 

 

「まぁ、たまんね~マジで興奮してきた!」

 

 

わたしの口の中をじっくり〇すみたいに・・・深く・・・強く・・・」

 

 

チ〇コを咥えさせながら、京介は!

 

 

「たとえばもし・・・今この下でウチの店長が口マ〇コしていると想像したら・・・」

 

 

「超ヤベ~!」

 

 

京介のチ〇コが千尋の口の奥までねじ込まれ、窒息しそうであった。

 

 

 

「島崎くん。名演技だな!マジ射〇したみたいな顔しちゃって!」

 

 

まさか、この場で射〇なんて、

 

 

「ヤバい、バレる、このニオイ、だったら、んくっ・・・ゴクッ・・・」

 

 

ぷはぁ~!はぁ~・・・はぁ~・・・」

 

 

「まだ、残っている、全部なめとらなきゃ・・」

 

 

「ちゅっ!ちゅるっ・・・」

 

 

「さすが、エロ本マスター島崎くん。すげー臨場感だったよ!。その本貰うよ!」

 

 

「あざぁーす!」

 

 

・・・・・

 

「店長、この缶詰って倉庫に入れと言っていいっすか?」

 

 

「そうね!奥のほうに入れて大丈夫よ!」

 

 

「へ~い」

 

 

「店長、俺のち〇ぽって店長のマ〇コに入れといていいですか?」

 

 

「できれば、奥のほうに・・・」

 

 

イラッ

 

 

「あのね、仕事中にそんなこと言わないで、仕事後も、あなたの言いなりにならないか!」

 

 

「卑怯な手段に屈しないから・・」

 

 

「あ~、メンドクセーおんなだな・・?」

 

 

倉庫の中での出来事。

 

 

「きゃ~」

 

 

「くっ!また力ずっくてわけね!いいわよ、勝手にすれな・・・」

 

 

「はぁ~下着がこんなにびちょびちょにしておいて何いっちゃてるわけ!」

 

 

「人前でオレのち〇こを咥えさせられて感じてたんだろ!なぁ」

 

 

「こんな、濡れマ〇コで説得力ないだよ!」

 

「人呼ぶわよ!」

 

 

「うぜぇ!」

 

 

「ちょっと、俺のち〇こをくわえて黙ってろよ!」

 

 

「本気なの、本気で私を〇す気なんだわ?」

 

 

「何々。もう俺のち〇こなれっちゃたのかな。耐えているじゃん」

 

 

「あんたなんかに屈しないから、さっき言ったでしょ!」

 

 

「あっそ!」

 

 

「んじゃ、気持ち良くなったら勝手によがってよ!」

 

 

はう~ん、んっ・・・くっ・・・うぅ~~~ん」

 

 

島崎くんのアソコの形に覚え込ませるために、強く奥にいれたり、ゆっくり引いたりされていた。

 

 

「なかなか耐えてるじゃん。それじゃ!こうだ!」

 

 

「乱暴にされるのがすきなんだ!こんなデカい尻して!」

 

 

違うバイト生が

 

 

「大丈夫、島崎くん。手伝おっか?」

 

 

「大丈夫、島崎くんだけでぇ~」と店長が歯を食いしばって言った。

 

 

「このままでいいっすか?最後まで!」

 

 

声をだすと他の人にバレるので

 

 

「ダメに決まってるでしょ。」と心の中で叫んだ。

 

 

「返事がないから、このまま処理しちゃいますね!」

 

 

「中でふくらんでいる。このまま出しちゃうの?私を妊娠させるつもりなの?」

 

 

ドピュウ~~

 

 

「イってる、私の中に精〇だしっちゃてる・・・」

 

 

「店長、棚の商品おとしちゃだめだよ」

 

 

「やっぱ、Hは中出しだよな!」

 

 

その時、バイト生が

 

 

「なんかデカい音したけど大丈夫、」

 

 

「大丈夫、床にこぼしたから、掃除しておくから」

 

 

本当に中に出された。若くて濃い精〇を奥に・・こんなにたっぷりと・

 

 

第4話はここまで・

 

これを読んでスッキリしたいなら

↓  ↓  ↓  

BookLiveコミック

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

 

 

 

第4話の感想

チャラ男の執拗な攻撃に千尋はタジタジ。

 

 

千尋も本当はチャラ男のモノが欲しかったのでは?

 

 

フ〇ラをさせられ、下着が濡れるほどになっていることは・・

 

 

自分にも奉仕して欲しい証ではないか?

 

 

一緒に倉庫行けばなにかさえるのは当然の事

 

 

5話の展開はどうなるのだろう!

BookLiveコミック

チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。