エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

セクシーの女店長はどうなるのか?

あらすじ

寂しい思いをしている千尋。

 

奈緒ちゃんと京介のセ〇クスを目の前でされて、

 

ガマンが限界にきている。

 

京介のち〇ポを貸してくれるとおもったが、イジワルされる。

 

千尋はもう限界、理性をなくしたただの動物になっていった。

 

そう、千尋の肉便器に・・・

早く見たい人はこちらから

↓   ↓   ↓

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

 

 

前作はこちらで

↓  ↓  ↓  ↓

最後と約束したのに…膣内出しでチャラ男チ○ポの虜にされて

 

 

第7話

身も心も若いオスに屈服して肉便器堕ちしちゃうBBAマ○コ

店長と奈緒の話を聞いていたチャラ男。

 

誰のち〇ぽを貸すんだって

 

奈緒ちゃんの後ろにまわり、奈緒のマ〇コをいたずらする京介

 

「おち〇ぽ、今日も気持ちいいよ!」

 

目の前に店長が

 

「ああっ・・この前まで毎日、あのち〇ぽが私の中に入ってきたのね・・・」

 

「おらっ~てめえの立場を思い出せ!そこにいるオ〇ニーBBAにも教えてやれよ!」

 

「は、はい、私は京介くんザーメン排出用お・・・んふっ!お・・・マ〇コ便器ですぅ

 

「店長さん・・・わたしの京介くん専用マ〇コ・・・ちゃんとみてますか・・・?

 

「そ、そんな・・・」っと店長

 

「ダメよ、飯田さん、自分の事をそんな風にいうなんて・・・あうっ・」

 

「あぁん、もっと○して💛」

 

「もっと、深いとこまでぶち込んで・・・店長さんにみせつけてぇ~」

 

「いいよぉ!おち〇ぽいいよぉ・・やっぱり店長さんにこのち〇ぽ貸すの・・・やめちゃおかな~💛」

 

「そ、そんな・・・」と言ってる店長のアソコはグショグショであった。我慢の限界である。

 

「うふふふ。そんなに京介くんいおち〇ぽ貸して欲しいなら、もっと淫らにおねだりしてくださいよ!」

 

「そんな、んふっ、言えないわよ・・・んっ!くぅ」

 

「だったら、そこでず~っとモノほしそうに自分のマ〇コを慰めてくださいね!」

 

「はぁ~はぁ~はぁ~ああっ~ん!ち〇ぽいいっ💛」

 

「ち〇ぽいいっ!ち〇ぽいいっ!おち〇ぽしゅごしゅいぃいいっ!」

 

「ツチノコばりのカリ首の極太おち〇ぽでオマ○コの中ぜ~んぶえぐられてりゅう」

早く見たい人はこちらから

↓   ↓   ↓

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

「あっ、もうイクッ、イっちゃってりゅうの・・・」

 

「このち〇ぽ入れたくない女の子なんていないよ!」

 

「イグッ・・・イグゥ~~~~~ッ」

 

これを目のあたりにしていた店長は

 

「お・・・ねが・・・い・・します」

 

「どうかしましたか?はぁ~はぁ~!店長さん!」という菜緒。

 

「もっとでけぇー声で言ってくんねーと!聞こえねっすよ・・・店長?」

 

「お願いします・・・島崎くんのおち〇ぽ・・・わたしのマ〇コにも・・・貸してください!」

 

「うぃっす・・・今すぐ入れたげますね!」

 

すると奈緒ちゃんが

 

「あああっ~ん!ヤダヤダァ!やっぱり貸すのヤダァよぉー・・・んああっ!」

 

「おら、わがままいってねーで、いっぺんアクメったら休んどけって!」

 

「あああぁーん!また、すごいのきちゃう。店長さんの前で、いっちゃうぅうぅ~~~~ッ」

 

「きょ、京介く~ん、今日は特別だから・・・ああぁーん、中で出してもいいよぉ!」

 

「マジで!」

 

んぁ・・イクッ、💛

 

「出して、出して。孕んじゃってもいいから💛どぴゅどぴゅしてイカせて💛」

 

「イクッ、イクッ、」

 

そして、千尋も一緒に

 

「わたしもイクッ・・・うぅ~~~っ~」

 

奈緒は京介のセ〇クスで何度も何度もイってまった。

 

それを見ていた千尋も、京介にエロっぽくおねだりをしてち〇ぽをはやく欲しがっていた。

 

「イジワルしないで、頭がおかしくなっちゃう!」

 

しかなく京介は、お情けで千尋のBBAマ○コに挿れた。

 

「あはぁ~ん、これよ・・・これなのよ!ず~っとこのおち〇ぽがほしかったのよ!」

 

千尋はち〇ぽ欲しさに、プライドを捨て、お高い姉さんではないキャラに変わっていった。

 

どんだけスケベ汁をたらしているんだろう。

 

ピストンする度に、飛び散ってビショビショになっている。

 

突かれる度に、イカされる・・・アクメが止まらない

 

いきなりピストンをしなくなった京介に対して・

 

「このままじらされたら、おかしくなっちゃう!だからぁ・・・メチャクチャに○してください

 

おち〇ぽズボズボしてありがとうございます。」

 

おま〇こ、おもちゃにしてくれてありがとうございます。」

 

こんなBBAマ○コイジめてくれて、本当にありがとうございましす!」

 

「中にたっぷりだしてください💛」

 

「おち〇ぽ大好き!オマ○コイキます・・・」

 

「イグッ~イグ。イグ、イグぅっ~~~「

 

便所みたいに扱われているのに、嬉しそうな顔をしている千尋。

 

そして、千尋の口から・・・

 

「なにも考えずに肉便器に堕ちちゃうのって・・・ものすごく・・・快感!」

 

第7話はここまで

 

肉便器の千尋と奈緒でスッキリしたいなら

↓  ↓  ↓ 

BookLiveコミック

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。

第7話の感想

 

1人の男に2人の女がち〇ぽを欲しがるすごいな~

 

奈緒は気持よくなり京介のち〇ぽを渡したくないから、京介の好きな行為を積極的あおり

イカせてもらう。

 

何度もイっても渡したくない根性は凄いね。

 

千尋は、どうしてもほしいから、キャラを変えてでも入れてもらいたい。

 

やっぱり、忘れられないんだろうね!

 

次はどうなるのだろう!

 

店長のエロっぽい姿はやっぱりいいな。

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「チャラ男に屈服」をコピペして検索して下さい。