エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

こんにちは

 

エロまんが大好きなモーグレ太郎です。

 

 

「超デキる人妻女上司と出張先でセックス!~いつもは怖い彼女がただの女になったワケ~」と言うエロまんがを紹介します。

 

 

仕事がめちゃくちゃデキる女上司

 

 

メガネの奥の瞳が綺麗である。

 

 

寂しそうな表情がエロくて溜まんない。

 

 

厳しくて怖いところもあるがミスを最後までしっかりフォローしてくれたりする憧れの女上司

 

 

その女上司と出張。

 

 

そこでまさかの出来事が・・・

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「超デキる人妻女上司と出張先でセックス!」をコピペして検索して下さい。

 

女上司は仕事が早く正確おまけに綺麗である。人妻とは思えない身体である。

 

 

34歳人妻とは思えない。

 

 

そんな上司と一泊の出張。それも温泉旅館である。

 

 

打ち合わせも終わり、浴衣姿の女上司は艶やかである。

 

 

缶酎ハイを片手に飲む姿はつばを飲み込むほどのフェロモンが放出されている。

 

 

時折り、足を組み返す時に太股があらわになると勃起するくらいの興奮である。

 

 

そして、その後事件が・・・

 

 

少し酒を飲んで、温泉に行くと。

 

 

混浴ではないので、先に温泉に入っていると、戸が開く音が・・・

 

 

そこには、

 

 

バスタオル1枚で現れたのが女上司である。

 

 

メガネを外した女上司の顔はとても綺麗だ。

 

 

彼女のバスローブの中を想像してしまった、下半身が硬さを増していくのを感じ、股間は痛いくらい勃起していた。

 

 

バスローブの紐をとくと、夢にまで見た女上司の裸が現れました。

 

 

女上司は乳首が弱いらしく乳首をなめるとかわいい声を出しました。

 

 

女上司が女性に変わった瞬間だ。

 

 

もう、ここからは強引に攻めるだけだ。

 

 

女上司のおまんこの濡れている場所を撫でました。

 

 

するとぴくっとして

 

 

「ああ~ん

 

 

と大きな声が出ました。

 

 

 

ちんぽはもう爆発寸前

 

 

 

女上司はそんなちんぽを掴むと優しく舐めはじめました。

 

 

長い髪をかきわけこちらを見てニコッと笑い、奥まで加えたり先っちょをチロチロしたり、たまたまをベトベトになるまでなめました。

 

 

女上司の舌がちんぽから精子を絞り出すように絡みつき口の中に勢いよく射精した。

 

 

完全に豹変した女上司の身体は火照っていた。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「超デキる人妻女上司と出張先でセックス!」をコピペして検索して下さい。

 

今度は部屋に戻り布団の上での戦いだ。

 

 

女上司は僕を抱きしめると

 

 

「今日は一緒に寝よう」

 

 

といってキスをした。

 

 

女上司のあそこはピチャピチャといやらし音を立てやらしい汁が次から次へと溢れてきました。

 

 

そして

 

 

「あっ、だめだめ、いっちゃう」

 

 

と言って体を痙攣していた。

 

 

昼間の顔とは全く違う艶やか色っぽい表情である。

 

 

少し悲しそうな彼女の笑顔に少し引っかかりながらも僕は生のまま女上司の中へ入れた。

 

 

女上司のおまんこの中はあったかく僕のちんぽを優しくギューっと包み込むようでした。

 

 

今度は、

 

 

「バックで突いて!」

 

 

彼女はちんこがぬけないように四つん這いになり

 

 

「いっぱいい突いて!」

 

 

と言いました。

 

 

夢中で腰を振った。

 

 

そして、女上司のおまんこの中に精子を注ぎこみました。

 

 

つながったまま倒れこみ女上司はビクビクしていた。

 

 

その後もオフィスで残業セックス

 

 

静かなオフィスにキスの音が響く。

 

 

手が女上司のスカートの中へ入りストッキング越しに脚やお尻を触る。

 

 

パンティの上から擦るようにクリトリスを触る。

 

 

「っひゃぁっっ…。」

 

 

優しくコリコリ、時には爪を立てながらクリトリスを刺激される。

 

 

「っん…あん…。」

 

 

私の脚に顔を埋め舌先で優しく秘部を舐めた。

 

 

ピチャピチャといやらしい音が鳴る。

 

 

私の弱いところを知っているかのように優しく…激しく責めてくる。

 

 

あーーっ。んぁっ。ダメっ…あっっ…んっっ。」

 

 

すると、ベルト外し、

 

 

熱く大きくなった物がゆっくりと秘部に当たった。

 

 

数回上下に擦り付けながら動かし、クリトリスを刺激する。

 

 

「…んっあっぅ。」

 

 

女上司は気持ち良さと嬉しさで頭がいっぱいでただひたすら、ちんこを受け入れた。

 

 

 

さっきより早くピストンされ、黒ストッキングの太ももに熱い白いものを感じた。

 

 

2人の秘密の残業は続くのであった。

 

 

34歳人妻女上司のアへ顔で何回も抜ける。無料お試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「超デキる人妻女上司と出張先でセックス!」をコピペして検索して下さい。

1話¥86です。。

5話完結作品です。