エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

 

セッ〇ス経験が少ないスタイル抜群の朋美のエロいまんがです。

 

あ ら す じ

朋美は夫とは別の男子と初めてのキス。

 

夫とは違うキス、そして身体も触られかたもすべたが違う。

 

そして、インストラクターとラブホへ。

 

妊活の練習と言って、色々と教わる朋美

 

そして・・・

 

前作はこちら

↓  ↓  ↓  ↓

若いオスとの濃厚スキンシップで発情しちゃった人妻は…

 

第2話

これで子供が産めるなら…浮気デートで好き放題されて

 

2人だけの部屋の中は、いやらしい匂いと熱気に包まれていた。

 

大きいおっぱいを揉んでいる大石。

 

いつも気にしていた乳首のポチが見えないと思っていた大石は

 

乳首をみると陥没しているのに気づいた。

 

そして、

 

「このまま、赤ちゃんが出来ても困るっすよ!」

 

「そ・・・それは・・・」と朋美は恥ずかしながら言葉を出そうとしていたがでない。

 

乳頭吸いだしてってお願いして奥さん。と大石は言った。

 

「はら、早く」といいながら再びキスをし始めた。

 

そして、

 

「乳頭吸いだして下さい・・・」とかすかな声で言った朋美

 

すると大石は、朋美のおっぱいを目の前に!乳首を舌で舐め廻し、乳頭を吸っていた。

 

朋美の乳頭は、ツンと綺麗に立ってきた。

 

「ほら、奥さん、綺麗な乳頭出てきたよ!」

 

大石は出てきた乳頭を舌先で突っついたり、舌でコロガシたりして弄んでいた。

 

「気持ちいい・・奥さん」

 

「く・くすぐったいです。」

 

「もうアソコ濡れてるんじゃないっすか?」

 

否定する朋美に対して、それなら大石は見せて!

 

「えっ・・やっやだ・・・」

 

再び、ディープキスをする2人。その時朋美はキスがこんなに気持ちが良いものだと感じていた。

 

大石は明美の水着の股間部分をずらし、アソコを見てビックリした。

 

こんなキレイなマ○コを初めて見た!色もピンクだし!ビラビラも全然ない・・・

 

「ほんとに妊活してんすっか?」

 

26歳で初体験、マジ清純女子であった。

 

そして、大石は海パンをおろし自分のち〇こを朋美の目の前にだした。

 

朋美は夫以外のち〇こしか見ていないが、まじまじ見るのは生まれて初めてである。

 

「お・・・おっきい・・・」

 

口元にち〇こを持っていき、朋美は夫のち〇こと大きさと形、匂いも違うと感じていた。

 

フ○ラを強制させられていたが、当然経験がない為どうしてよいかわからない。

 

大石は、何もわからない朋美を教え込もうとラブホに誘った。

 

バス停で2人がバスを待っている間、朋美の頭の中はち〇ぽの匂いが忘れられなかった。

 

大石は、おもむろに朋美の腰に手を廻して自分の所に引き寄せていた。

 

ノーブラの朋美の乳頭を摘まんで、

 

「ほら、普段から出るようにクセつけないと・・・」と言いながら

 

朋美の乳首をクリクリと摘まみながら、キスをしていた。

 

朋美はあくまでも不妊治療の為と考えていた。いや、言い聞かせていた。

 

ラブホに行く前に、公共の場所で大胆にキス・胸を揉んだり、恥ずかしい事をされていた。

 

少しづつ朋美の心と身体のねじが緩みはじめていた。

 

そして、・・・・

 

第2話はここまで、

エロい朋美の身体でスッキリしたいなら

↓  ↓  ↓  ↓ 

BookLiveコミック

奥手で未開発の清純妻・朋美」をコピペして検索して下さい。

 

 

 

第2話の感想

朋美は全て不妊治療のため。

 

しかし、夫以外の男性の触り方、匂い等すべてが新鮮に感じていたのでは?

 

恥じらいを感じながら興味深い事ばかり、

 

夫は淡白であるのに対して大石は積極的にエッチな事を要請する。

 

少しづつ朋美の性への変化がでてきた。

 

次は朋美がどうなってもいいのかな?

 

第3話に期待です。

 

BookLiveコミック

奥手で未開発の清純妻・朋美」をコピペして検索して下さい。

 

 

これを見てスッキリしましょう。