エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

孤独な清掃員の男が深夜の雑居ビルで目のあたりにしたのは、
一人佇む可憐な制服姿の少女だった。
忘れ物を塾に取りに来た彼女の為にエレベーターに二人で搭乗する。
たわいない会話の中で少女の優しさに思わず胸が打たれた。
だが、その時。
二人の乗ったエレベーターは、突然停止した。
二人きりとなったこの狭い世界で、男は少女の異様な色気を前に徐々に理性を崩壊させていく。
そして、泣き叫ぶ少女に肉棒を突き刺し続ける。
嫌がる女子高生の口の中に肉棒が
何度も。何度も。
そして白く濁った体液を彼女の中に吐き出し続ける。
何度も。何度も。
逃げ惑う彼女の尻を掴み、腰を打ち付け続ける。
足りない。まだ足りない。
他に誰もいない、二人きりのこの時間が終わりを告げるまで、男は少女をただひたすらに貪り続ける。
少女が壊れても構うことなく。
助けに来ることの無い密室の中で可愛い女子高生が無残に・・・
メチャクチャエロい女子高生
これは絶対に見なきゃ損。
今なら無料会員登録で¥600分のポイントがもらえます。
¥48で抜けます。
↓  ↓  ↓  ↓