エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

こんにちは。

 

エロまんが大好きなモーグレ太郎です。

 

熟した人妻の魅了あるエロまんが

 

「パートあがりの熟した人妻 ~脅して縛って倒錯プレイ~」というエロまんがを紹介します。

 

動けない状態。

 

縛られた人妻は縄に魅了された

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パートあがりの熟した人妻 」をコピペして検索して下さい。

第3話 ボンテージ

 

夜の事務所で男と女

 

「パン・パン・パン」

 

事務所に響くバックでの突いてくる音

 

「ひいっ、ひいっ」

 

「ぐり、ぬちゃ」

 

腰を円を描いたように回してくる。

 

搔き回されるのが好きみたいだ。

 

「グリ・グリ・グリ・グリ・グリ」

 

「ビクッ、ビクッ、ビクッ」

 

腰に手をかけ、ピストン運動の次は搔き回す。

 

その繰り返しで美咲は頭の中が真っ白になりかけていた。

 

もうすぐイク瞬間がくるのだろうか?

 

お〇んこの中の締め付けが、

 

膣の中のひだがち〇こに絡みついてくる。

 

「イクぅぅぅ」

 

「ドピュッ」

 

お〇んこの中に大量の精〇が・・・

 

「いやぁぁぁぁぁ」

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パートあがりの熟した人妻」をコピペして検索して下さい。

 

それだけではすまなかった。

 

今度は店長の性癖が

 

店長の机の引き出しから取り出したものは

 

な・な・なんと

 

ボンテージコスチュームだ

 

こんなのイヤ

 

でも自分の立場がわかっていたのか。抵抗は最初だけだった。

 

ボンテージ姿になった美咲はエロくて可愛い

 

 

「こんな格好イヤ!」

 

 

オッパイが丸出しである。

 

そのオッパイの谷間に店長のち〇こが

 

そう、パイズリである。

 

デカチンの先は美咲の口の近くまで来ている。

 

当然、舐めれる距離

 

案の定、

 

「舐めれ」と命令する。

 

その間、股間に電マが押し付けられていた。

 

「ヴィ~ン、」

 

「ジュル・ジュル・ジュル」

 

電マの振動で愛液が音をたてていた。

 

美咲は屈辱的な格好であるが、店長にとっては最高の時間である。

 

この後も最高の夜になるとは

 

変態を自負する方はぜひお手に取ってみてください。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パートあがりの熟した人妻」をコピペして検索して下さい。

1話¥75です。

変態さんは必ず見てスッキリできます。

 

第1話 ずっと好きだったんだ…

 

第2話 好意を踏みにじりやがって!