エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!~不倫SEX、火遊びの代償」というエロまんがを紹介します。

 

 

ちょっとした火遊びのハズだった。

 

 

夫とすれ違いばかりの生活に寂しさを感じる、夫への当てつけで出会い系に登録してしまう。

 

 

不倫相手に快楽を覚えた身体が・・・

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索して下さい。

 

お色気たっぷりのムチムチボディ。

 

 

抱き心地良さそうな脂肪の付き具合に、大きなおっぱい。

 

 

結婚して6年夫との関係はマンネリ化してた。

 

 

キャリアウーマンの雪菜、

 

 

つい、出会い系に登録、夫にあてつけた

 

 

冴えないオヤジが・・・

 

 

つまらない話でついつい酒を飲み過ぎた。

 

 

肌を触らせるだけならとホテルへ

 

 

雪菜のおっぱいは弾力があり、はりがある。

 

 

感じないと自称する雪菜。

 

 

弾力のあるマシュマロおっぱいを揉み揉みしながら、その柔らかさに夢中になってしまう

 

 

私の唇は興奮で勃起した両乳首を交互に吸い上げた。

 

 

雪菜さんを焦らして楽しみながら暫くは胸だけの愛撫に徹した。

 

 

「はあああ」とかすれた声で快感の反応を見せた。

 

 

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索して下さい。

 

そのまま腰から尻へと下りて、むっちりした双丘を撫で回し、掴みあげた。

 

 

秘貝の方へ指を進ませる。

 

 

そこへ指が届くと、ぐっしょり濡れた湿地帯が広がっていた。

 

 

 

「もう、ビッショリだね」

 

 

 

雪菜は今迄感じたことの感覚であった。

 

 

 

柔らかい陰阜を覆っている陰毛を撫でてから、盛り上がったドテ高の外陰部へ指を進めた。

 

 

ここも大陰唇を覆い尽くすほどの陰毛が生え茂り、おまんこの中から溢れ出た淫液で汗を掻いたように濡れていた。

 

 

固くなって包皮から飛び出したようなサネ頭へ触れると、まるで電気にでも触れたようにピクッ、ピクッと反応して、

 

「あ、あアーン、もう、許してェ」

 

 

思い切り奥へ肉棒を差し込み、コリコリした子宮口へ亀頭を押しつけ、押しつけ、腰を揉むようにしてオマンコの中を掻き回してやると、膨れ上がった肉襞が肉棒に絡みついて頻りに収縮運動を起こしてきた。

 

 

「いいオマンコだ、本当に、いいオマンコ・・・、最高だ」

 

 

「あア、あ、あ、アッ・・・、イク、イク、イクよ、イクよ、あウ、あウッ」

 

 

セピア色の肛門の下に土手高の大陰唇がパックリと口を開き、サーモンピンクのビラビラが淫液に濡れて垂れ下がっている内側に、紅く充血して、モクモクと外へ迫り出したような膣口の秘肉が顔を覗かせ、ブク、ブクと泡を吹いている。

 

 

こんな上質な奥さんはいない。

 

 

 

泣くほどイキ狂う人妻は最高、無料でお試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。。

9話配信中です。

詳しく見たい方はこちらを画像クリック

↓   ↓   ↓