エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

案外、女性も興味があるSMエロまんがです。

 

SMに興味がある人は必見です。

 

拘束された女性が綺麗に描かれています。

 

 

あ ら す じ

拓斗との関係はなかったことに

 

当然、茜には内緒である。

 

拓斗も義母も忘れられないようだ。

 

久しぶりに2人きりでまたあのプレイが・・・

 

前作はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

怯える義母に興奮した俺は…

 

第2話の

久しぶりの肉棒にヒクつく穴

 

あれから数日が経ち、嫁にはバレずにすんでいた。

 

嫁の茜は同級会に行くといい、また2人きりになった。

 

あの時の事を義母に話したが、もうあんな事しないから、

 

本当は身体が求めているが、意地を張っている義母。

 

あの時の気持ち良さは身体が覚えている。

 

本当に嫌なら抵抗するのに、自分の部屋についてきた義母

 

服を脱がす拓斗は当然、下も脱がした。

 

べっとりと愛液がパンティーの裏生地についていた

 

イヤだと言っても身体は嘘をつかない。

 

そした、義母の面白いものを見つけたのであった。

 

それは、大人のオモチャである。

 

それは1つでなく複数のオモチャがあった。

 

使用されたバイブは匂いもついている

 

それを嗅いで興奮する拓斗。

 

拓斗はオモチャを使用してこの場でオ〇ニーを強制する。

 

「ビィィィン」と響く電マの強烈な振動。

 

それを義母のおま〇こに充てると、

 

愛液が飛び散るほどの勢いでいた。

 

すごいエロい表情でクリにあててよがる義母。

 

妙に若い表情の義母。ピンク色の髪の毛、引き締まったボディ

 

凄くエロいボディである。

 

無様なカッコでイってしまった義母。

 

それ以上に恥ずかしい思いをさせたい拓斗は

 

両手を両足に縛りつけ、ワンワンスタイルでケツの穴が丸見え状態である。

 

ケツの穴がヒクヒクしていた。

 

怯えと期待の目、加虐心を刺激する態度

 

絶好のマゾ女である。

 

第2話はここまで

結構抜ける場面が多いこのエロまんが

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

1話64ですので安いです。

「嫁の母親をSM調教~だらしない身体で痙攣するM熟女~」をコピペして検索して下さい。

 

第2話の感想

エロい義母。

 

本当はあの思いをもう一度したいと思っていたが、自分から言えない。

 

その証拠に大人のオモチャが一杯出てきた。

 

これを使って毎晩オ〇ニーをしていると思うと何だかゾクゾクしますね。

 

電マを使用してるなんてスッゲー。

 

もう、完全にメス豚化している。

 

責められている表情は超勃〇状態です

 

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

1話64ですので安いです。

「嫁の母親をSM調教~だらしない身体で痙攣するM熟女~」をコピペして検索して下さい。