エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

案外、女性も興味があるSMエロまんがです。

 

SMに興味がある人は必見です。

 

拘束された女性が綺麗に描かれています。

 

 

あ ら す じ

すっかり奴隷化してしまった義母。

 

何度もイってしまう。

 

中出しも平気にする。

 

茜がいないときはいつも調教している。

 

義母は無様で淫乱メス女である。

 

前作はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

久しぶりの肉棒にヒクつく穴

 

第3話の

無様な恰好で拘束して…

 

四つん這いになってケツを突き出している義母。

 

簡単に指が入っていく。

 

濡れそぼったま〇こは何でも入れてほしい表情である。

 

触っただけで、いやらしい声をだす。

 

バックからち〇ぽを欲しがっているま〇こにぶち込んでやった。

 

すると、入れただけで、イッテしまった。

 

言葉にならないほど気持ちよがっていた。

 

このまま理性が壊れるくらい犯して続ける。

 

「やめて、」という言葉がよくわからない言葉になっている。

 

感じすぎて言葉になっていない。

 

そして中出しでフィニッシュ。

 

茜がいないときは調教タイムである。

 

今日もまた、口を開いたままの拘束具をハメられ、

 

拓斗のち〇ぽを咥え込んで舌だけでレロレロしていた。

 

たまに抵抗するが由香里も楽しんでいる。

 

口を開いたままの拘束具の由香里の表情はスッゲー感じる

 

片目をつぶって片目だけで見ている姿はエロい。

 

拘束具がキツイのでこういう表情になっているのだろう。

 

Sの人はこの表情がとっても可愛いと感じるに違いない。

 

そして口の中に精〇がたっぷり注ぎこまれた。

 

そのご褒美に

 

拘束具を付けさせられた。

 

それは、貞操帯みたいなものだ。

 

排泄もできない、慰めもできない鍵付きの革製の貞操帯である

 

この描写をみるとオレもその拘束具で遊びたい気になる。

 

今日1日その拘束具を付けていると命令された。

 

第3話はここまで

 

S系の貴方、M女の人は必見です。

↓  ↓  ↓ 

BookLiveコミック

1話64ですので安いです。

「嫁の母親をSM調教~だらしない身体で痙攣するM熟女~」をコピペして検索して下さい。

 

第3話の感想

義母、由香里は完全にM女を覚醒させた。

 

口枷でのフェラチオはS男にとっては最高のパフォーマンスである。

 

口からは、精液と唾液がダラダラ出てくる表情は恥ずかしいそのものである。

 

あとは、貞操帯である。

 

鍵付き貞操帯は皮でできているので、食い込んでいくと

 

すごくムズムズするみたいだ。

 

ま〇こには突起が入っているから1日中ハメていたら

 

気が遠くなると思う。

 

次はどういう責めをするのかな、楽しみである

 

絶対見ると出したくなるマンガ

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

1話64ですので安いです。

「嫁の母親をSM調教~だらしない身体で痙攣するM熟女~」をコピペして検索して下さい。

 

第1話はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

怯える義母に興奮した俺は…