エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

綺麗なギャル5人とメガネでビックなアレを持つ男のマンガ

 

あ ら す じ

屈辱的な男体盛されたメガネ男。

 

しかし、形勢逆転。

 

自分のアレを武器にギャルたちをエロモードにスイッチオン。

 

ギャルたちの性欲が噴火!

 

前作の

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

禁断の男体盛り!?ギャルに脅迫された俺は…

 

第2話の

魅惑の24cm!興奮を抑えきれないギャルたちが俺のナニを…!?

 

24㎝のち〇ぽを武器にギャルたちに襲い掛かるメガネ男

 

「どうだ、24㎝の味は💛」

 

「ぐちゅん、ぐちゅん、ぐちゅん、」

 

「ガチで・・・奥にあ・・・たってる・・・」

 

「あっ・・・また・・奥にっ・・・」

 

「じゅぽぽぽぽぽぉ」

 

「ヤ・・・ヤバッ・・・マジ・ヤバッ」

 

他のギャルたちは唖然として見ていた。

 

「そんなにやばいの・・・?」

 

AV以外で生の、しかも友達のセ〇クスを見ることになるなんて、

他のみんなの反応は?

 

「人のセックスを見てさかったのかよ!濡れ過ぎだぞ、ゆま」と言いながら

 

ギャル同士でキスをしている2人

 

「迂闊!あの2人つきあってたんだ!」

 

レズである

 

もう1人はマイペースにお酒を飲んでいる。

 

グショグショに濡れているマ○コ。

 

もうギャルたちの乱交状態であった。

 

「おいおい、凄い事になってきたな。」

 

マ○コに指をいれると、

 

「ビクッ!あ”あ”あ“っ!」

 

「イクッ、イク」と連発するギャル

 

そして、

 

「イクゥゥゥゥゥ~~~~~~ッッッ」

 

ギャルたちはもう我慢の限界。

 

「次、わたし!」

 

「ウチも「24㎝」試してみた~い💛」

 

「じ・・じゃあ、あたしも・・・」

「はぁ~はぁ~はぁ~、おオレもつかな?」

 

「バカアワビのメガ盛かっ💛?」

 

「ちょうどいい、セックスの鬱憤をここで晴らし切ってやる・・・」

 

メガネ男はニヤリとしてこれからはじまる大乱交への入口にはいるのだ💛

 

第2話はここまでであなたも鬱憤をはらしたいなら

↓  ↓  

BookLiveコミック

 

第2話の感想

24㎝の超外人級のち〇ぽ

 

女性なら試したいと思うのは当たり前。

 

目の前でセックスをしているのだから、

 

女性も濡れてくるの当たり前ですよね。

 

見たこともない大きいち〇ぽがま〇こにはいってるのだからね!

 

正直、もっとエロいさを出してほしいと個人的に思う。

 

第3話に期待したいですね?

↓  ↓  

BookLiveコミック