エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

綺麗なギャル5人とメガネでビックなアレを持つ男のマンガ

 

あ ら す じ

宴会から艶会に変わった。

 

ギャルたちは外人級のち〇ぽを欲しがる。

 

メガネ男はハーレム状態。

 

まるで王様ゲームで王様になった気分。

 

前作の

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

魅惑の24cm!興奮を抑えきれないギャルたちが俺のナニを…!?

 

第3話の

挿れ放題、食べ放題!?只今ギャルと大乱交中!!

 

とある旅館の1室。

 

部屋の中は、ちらばっているナマモノ。

 

それは、男体盛にのっていた刺身である。

 

むせかえるような若いギャルたちの雌臭の中・・・

 

5人のギャルたちと大乱交部屋である。

「じゅぽッ・・」とキングサイズを咥えれギャル。

 

乳首を舐めて喜んでいるギャル。

 

24㎝のち〇ぽを早く欲しがるギャルたち。

 

メガネ男は選び放題である。

 

そして、ある考えが浮かんだ

 

それは・・・

 

「マ〇汁ルーレット」

 

「マ〇汁のニオイのキツイ方に先に挿入券・・・」

 

ギャルたちは、誰よりも早く挿れてもらいたいが、自分のアソコが一番臭いのは嫌だし、それが自分だと思うと恥ずかしいかので困惑していた。

 

「ムリムリムリ、やめてやめて」

 

「恥ずかしいからマジやめてぇぇぇ~~~っっ・・・」

 

「そんな嗅いじゃダメぇぇぇぇぇx~~~ッッ!」

 

鼻の下を伸ばして嗅いでいるメガネ男!

 

決めた⁉

 

「ほらっ!最初だって!」

 

最初に決めたま〇こを目の前で手で開き、ニオイを嗅ぎ舐め廻しているメガネ男

 

「ウチなの、嫌!、で・・でも、ほんとに奥まで・・・い・いいっ・・はぁ~はぁ~」

 

「き・気持ちいい~ッ、」

冷静にみているギャル1人は

 

「さすが、B型、快楽主義者」

 

もう一人の酒が好きなギャルは盃片手に、

 

「んっ!ベランダ!」

 

「カーテンの間からずっと、うちら覗かれているよ。」

 

「バカ、そういうの早く言えよ!逃げたか?どんな奴だ?」

 

「15㎝くらいの?・・・」

 

酔っぱらって妖精見たみたいだ?

 

その間でも、ギャルはバックで突かれている。

 

部屋中に卑猥な音が響いている。

 

「パァン!パァン!パァン!パァン!」

 

「あっ・・イ・・・イキ・・・イキそう・・・」

 

「あああぁーん!イクゥゥゥゥゥ~~」

 

ギャルは身体が小刻みにビクッビクッ震えていた。

 

表情は、目がうつろになり、布団の上に放心状態でなだれ崩れていった。

 

そして、指が次のギャルのマ○コに入っていく。

 

そのギャルは

 

「あっ・・💛」

 

「次はお前だ!」

 

第3話はここまで

勃〇した貴方、濡れてきた貴女、スッキリしたいなら

↓  ↓  

BookLiveコミック

 

第3話の感想

艶会ができるとは、いいですよね?

 

まさか、こんな状況になるとは・・・

 

5人のギャルをひっきりなしにハメれるとは!

 

体力勝負のメガネ男はどこまで頑張れるのか見ものですよね。

 

1話¥75で安いですよね。

 

それにスッキリできますよ。

↓  ↓  

BookLiveコミック

 

第1話は下記へ

↓  ↓  ↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

禁断の男体盛り!?ギャルに脅迫された俺は…