エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

こんにちは。

 

エロまんが大好きなモーグレ太郎です。

 

人妻の魅了あるエロまんが

 

「奥さんのナカ、俺のでたっぷり躾けてあげるね」というエロまんがを紹介します。

 

欲求不満の人妻が隣のチャラ男に

 

それもSMだ。

 

フルカラーだから見やすいしエロさが倍増します。

 

人妻・SM・オモチャ・目隠しこのキーワードが全て入ってるエロまんが

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

↓   ↓ クリック ↓   ↓

 

「奥さんのナカ、俺のでたっぷり躾けてあげるね」をコピペして検索して下さい。

 

隣人の部屋に入り、

 

 

また、あれを頼むのかたと思ったが、

 

 

違った。

 

 

「結婚してるし、もうこんなのはダメ」

 

 

きれいごとを言っているが。

 

 

隣人はわかっていた。

 

 

それなら、さっさと帰ればいいが

 

 

「男の人に撫でられたり、可愛いと言ってもらったのが初めて」と言って

 

 

何だか、心とは裏腹の思いを言っているみたいだ。

 

 

奥さんの手を取り

 

 

自分の懐に引き寄せて抱いてあげた。

 

 

「えっ・・あ・あのつつ・・・」

 

 

奥さんの本当の気持ちを知りたかった。

 

 

「ここにきている間は、何にも考えられないようにしてやる」

 

 

「ドロドロにして、頭の中を真っ白にしてやる」

 

 

「奥さんと一緒にいたいから、犯されたいって選んで」

 

 

見つめ合う2人は恋人同士に見える。

 

 

言われたことのないフレーズに胸がドキドキしていた。

 

 

この場にいるっていうことは・・・

 

 

ディープキスをして、お互いの唾液を絡みあっていた。

 

 

「くちゃくちゃ」と舌を絡ませる2人

 

 

 

「余計な事を考えないで」

 

 

俺のまではメス奴隷だから

 

 

パンティーを脱がすと

 

 

お〇んこはグッショリと濡れている。

 

 

太股までネバネバした液が付いている。

 

 

「期待にこたえるか」

 

 

すると

 

 

「ピチャピチャ」

 

 

下半身が変な気持ちになっていた。

 

 

ザラザラした感覚がお〇んこに

 

 

初めてのクンニである。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「奥さんのナカ、俺のでたっぷり躾けてあげるね」をコピペして検索して下さい。

 

 

「クチャ・クチャ、レロ、レロ、レロ」

 

 

「ずゅっ、ずゅっ、ずゅつう」

 

 

隣人は奥さんのお〇んこ汁を吸い上げていた。

 

 

そして、舌をお〇んこの中に入れてくる。

 

 

まだ風呂も入っていない汚く臭いお〇んこを舐めるなんて

 

 

恥ずかしいがきもちいい。

 

 

お〇んこは素直に欲しがっているのに

 

 

奥さんは

 

 

「ダメ・・・イヤ、ばっかり言ってるからお仕置きだ」

 

 

なめらるのが初めてで恥ずかしい。

 

 

今日はクンニ記念日だ。

 

 

そして、股を広げてお仕置きだ。

 

 

両足を両手で持ち上げ大股開きで移動。

 

 

そして、奥さんの眼に現れたのが。

 

 

床に固定された大きいバイブだ。

 

 

「あっ、あれって」

 

 

「お仕置きだ」

 

 

「ちょ・・・ちょっとまってよ」

 

 

そんな言葉は聞かない。

 

 

濡れそぼったお〇んこをおもちゃにゆっくりとおろす隣人

 

 

「や・や・やめてぇ」

 

 

今日は初めてづくしの日だ。

 

 

クンニをされている奥さんの表情はエロくて抜けます。

変態を自負する方はぜひお手に取ってみてください。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「奥さんのナカ、俺のでたっぷり躾けてあげるね」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。

変態さんは必ず見てスッキリできます。

 

第1話 いやらしいカタチの大きなオモチャ

 

第2話 想像したらムズムズして思わず…

 

第3話 奥さん、いま濡れているでしょ?

 

第4話 目隠しされて、縛られて…

 

第5話 オモチャでココをいじめてあげる

 

第6話 乳首もアソコも刺激されて…

 

第7話 やっと、俺のモノが欲しくなったの?

 

第8話 鏡の前で拘束愛撫…出たり入ったりしてるっ

 

第9話 容赦なくイクまで突かれ続け…