エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

町で有名の天才空手少女。

 

不良連中にもたち向かっていく少女

 

だが、復讐の的に・・・

無料でお試し読みができます。

↓  ↓  ↓


「家畜の王」をコピペして検索して下さい。

 

 

あ ら す じ

貴弘という謎の男

 

咲は、単なる不良の一人と思いきや。

 

強い。

 

咲のパンチ、蹴りがかわされる。

 

咲はどうなるのか、必殺技がでるのか?

 

前作はこちら

↓  ↓  ↓  ↓

天才空手少女 咲

第3話の

咲の敗北

暗がりが現れた1人の男

 

正拳の構えの咲に対して貴弘はこぶしを握り締めいざ対戦。

 

咲の蹴りをかわす貴弘

 

普通の動体視力ではかわせなり咲の蹴りを難なくかわす。

 

咲は貴弘の懐にはいり、

 

「よし、決まる。もらった。」

 

渾身の一撃を

 

しかし、片手で足を止めた。

 

そして、逆にわき腹を廻し蹴りで逆襲。

 

「くっ・・・」

 

男の構えをみると・・・

 

貴弘はキックボクシングスタイルをしていた。

 

同じ武道家である。

 

咲は自分を落ち着かせ、試合の時と同じでいれば勝てると思ったが・・・

 

相手のパンチがはやい

 

わざと、パンチを外してきた貴弘

 

「きゃ~」

 

すると貴弘は

 

「あいつらマジでクズだ。お前だけで早く帰ったほうが良い」

 

忠告したが、咲は

 

「なんだぁ、お前」と言いながら、逆襲するが、

 

そこまで、完全に格が違っていた。

 

男の膝蹴りが先の腹に

 

「ぐぅお・・・ごぼぉ・・・」

 

咲の口から、唾液、胃液などがでてきた。

 

「ゲホゲホ、げっ」

 

こんな事は初めてであった。

 

口を拭きながら立ち上がろうとする咲に

 

「もうやめた方がいい・・・帰れ!」

 

一瞬、弟の姿を見て、帰れないと思い、よろついて足取りで闘う咲

 

先ほどのキレがなく、男は簡単にかわす。

 

よろついた咲に向かって。

 

男は、先の顔に膝で蹴り、顔が歪んだ。

 

咲の口と鼻から大量の血が飛び散った。

 

男は間髪入れずにまとあ腹に膝蹴り・・・

 

「ズン!」と鈍い音が工場内に響いた。

 

そして先の紙をつかみ、再び顔面に膝蹴りを入れた、

 

「こいっ!強い」

 

倒れていく咲。

 

立ち上がることが出来ない咲

 

顔面はボコボコ。

 

美貌であった顔は膨れ上がって見るに無残であった。

 

男共は咲に近づき、

 

「ざまぁみろ・・・」

 

咲の髪を引っ張り不良達は

 

「貴弘さんの仕留めた獲物ですから、一緒に楽しみましょうよ。」

 

貴弘は興味なく

 

「じゃあな。もうやめったって言ったろ、後はお前らで好きにせ~」と

 

その場を去ろうとする貴弘

 

その後は・・・

 

第3話はここまで

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「家畜の王」をコピペして検索して下さい。

1話60だから安いです。

 

 

第3話の感想

圧倒的に強い貴弘。

 

しかし、なぜ貴弘は闘ったのだろう。

 

「逃げな!」とアドバイスするなんてどうしてか?

 

それなら、ここまでボコボコにしなければよいのに

 

今の段階ではわからないが、後で関係が明らかになるのか?

 

何かエロというより普通のマンガでも面白いと思います。

 

しかし、この後の事が興味がありますよね!

 

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「家畜の王」をコピペして検索して下さい。

1話60だから安いです。

 

第1話の

↓  ↓  ↓

咲と優一