エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

人見知りのJKにエロ親父の魔の手が

 

あ ら す じ

車の中で一発。

 

今度は青姦である。

 

征服のスカーフをクビに巻き付け

 

バックでのセックス。

 

そして、人に見られても突いてくる男性

 

あみはド変態に・・・

 



 

前作はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

わたしのファーストキス…

第3話

ヘンタイなのかな…

 

 

今度は外でもプレイである。

 

 

車の後ろでバックで挿れてくる。

 

 

両腕を摑まえて突いてくる男は、青姦でのセックスするのが夢であった。

 

 

「声をだすと人が来るだろ」といいながら、あみの制服のスカーフをとり

 

 

あみの首をを縛りつけた、

 

 

まるで、犬のリードのようにして躾をしているようだ。

 

 

そこに、1人の男性が・・・

 

 

あきらかに、きまづそうであった。

 

 

「たすけ」

 

 

その瞬間、男は口を塞ぎ、




「あ~、気にしないでください。うちの彼女です。制服のコスプレで、外でするのが好きなのです」

 

 

「良かったら、じっくり見ませんか?」

 

 

助けてもらうせえっかくのチャンスが、

 

 

勇気を出せなかった。

 

 

男は素早くその場を去った。

 

 

そして、2人は外で駅弁体位である。

 

 

首を締め付けられながら感じているのは、わたしヘンタイなのかな?

 

 

あっ、ああぁーん」

 

 

「イク、イク、イクゥ」

 

 

今度は、口の中に精子が・・・

 

 

そして、

 

 

行方不明の捜索がラジオから聞こえる。

 

 

その行方不明のあみちゃんはうちでち〇ぽしゃぶってます

 

 

数日後、あみちゃんは何事もなく学校に通っていた。

 

 

しかし、・・・

 

直接無料を見れます。たちます。抜けます。

第3話はここまで

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

 

 

 

第3話の感想

ヘンタイあみちゃんである。

 

本当はこういうの期待していたのではないかと思った。

 

怖いのはわかるが、人に見られ時は絶好のチャンスなのに

 

首を絞められ、気持ち良くなるのだから、

 

ヘンタイの素質あり、

 

しかし、なぜが学校にもどたのだろう?

 

多分、あの録画をネタに口封じをしているに違いない。

 

そして、あの紹介したい友達といるのも不思議である。

 

本来なら絶対恨んでいるのに、

 

まぁ、次話がどんな展開になるのか楽しみである。

あみちゃんの可愛い表情でスッキリしたい人はこちらで

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

 

第1話はこちらで

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

えええ~~~!?今日の相手この人!?