エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

こんにちは!

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

エロまんがです。

 

あ ら す じ

車の中であみは男のいいなりに

 

騒ぐと切り刻むと脅迫されていた。

 

初めてのファーストキスは中年男性である。

 

もちろん、バージンも・・・

 



 

前作はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

えええ~~~!?今日の相手この人!?

第2話

わたしのファーストキス…

 

 

あみは抵抗することができなかった。

 

 

騒ぐと殺されると思っていたので言われるがままであった。

 

 

「早く帰して・・・」

 

 

「帰りたいなら、言うこと聞きなさい」

 

 

身体は恐怖で震えている。

 

 

「騒いだら、滅多刺しだからな」

 

 

中年男性はパンツをおろし、

 

 

「いうこと聞いたら早く返してあげるから」と思ってもいない事を言っていた。

 

 

「お口に入れて」

 

 

あみのオッパイに中年男性のち〇ぽを挟んで、亀頭を舐める

 

 

「んぶぅ、チュパ、チュパ」

 

 

あみの口の中にいれたまま押し倒す男性。

 

 

「お口の中もグチョグチョで気持ちいいな」

 

 

中年男性は携帯を手に取り、

 

 

あみのおま〇こを指で広げて写真を撮り、今度は録画をしていた。

 

 

「あみちゃん、どうしてほしいのかな?」

 

 

「あみのおま〇こに、おにいさんの気が済むまで中出し市下さい。」

 

 

涙ぐんで言ってしまった。

 

 

男は、「グチョグチョのおま〇こに入れるから」

 

 

足を押さえ、あみのおま〇こに挿れている所を録画して楽しんでいる。

 

 

「エロいいよ、あみちゃん」

 

 

「口開いてキスしよ」




口元に近づいてくるが、あみは顔を横に背いた。

 

 

しかし、抵抗もできなく中年男性とディープキス

 

 

それがファーストキスであった。

 

 

男は激しいピストン運動をして、

 

 

今度は体位を変え、騎乗位になり、乳首を摘まみながら腰を振る男性。

 

 

もう限界である。

 

 

中出しの瞬間である。

 

 

「ダメぇ」

 

 

しかし、もう遅い、中出しをしてしまった。

 

 

あみのま〇こから精子が溢れ出てくる。

 

 

「今年一番の量だ」

 

 

車から裸ででる男は、

 

 

「お外で青姦プレイもしましょうね」

 

 

抱きあげて、車の外にだそうとする

 

 

第2話はここまで

直接無料が読めます。そして、抜けますよ。

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

第2話の感想

完全に強姦である。

 

男の思いのままになるなんて

 

おまけに中出しとは可哀そうだ。

 

でも、まだまだ続く地獄の入口であるね。

 

なぜなら、弱みを撮られているからだ。

 

スッキリしたい人はこちらで

↓  ↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

 

1話¥64ですから安いです。