エロまんがを読みたい人、安心してお試し読みできます。

エロまんがを安心して読むためのサイトです。

 

オトナまんが好きなモーグレ太郎です。

 

かわいい女子高生のマンガです。

 

絵も綺麗ですし、女子高生らしい純粋無垢な感じがよいです。

 

第1話

↓  ↓  ↓  ↓

図書室のかわいい先輩と秘密のお勉強というエロマンガの第1話と無料情報

 

 

第2話

「クチュ、ベチョ、」

 

田野君は茅野先輩のマ〇コを舐め廻していた。それはまるで猫がミルクを舐めるように舌で丁寧に!

 

その度に、茅野先輩の体は

 

「ビクッ!ビクッ!」そして「はぁ~ はぁ~ はぁ~」と甘酸っぱい声を漏らしていた。

 

2人はまるで獣のようにお互いの性器をじっくりと舐め合っていた。

 

そして、茅野先輩はもう大丈夫だと思う。

 

その意味は、入れてほしくなっていたが、コンドームがない。

 

「多分、今日大丈夫だと思う。でも外に出してね」

 

今度は後背位である。

 

「教えてください。バックを・・?💛」

 

濡れているマ〇コに田野君の怒ったチ〇コが入った。

 

それは、今までに感じたことがない快感である。

 

コンドームがないとチ〇コの先が蕩けそうだ

 

ヤバい、さっきと全然ちがう、もう立ってられない。

 

「先輩もナマだと気持ち良いんだ」

 

「じゃあ、普通に正常位に」

 

チ〇コを入れたまま回転させてお互い向き合っていたが、

 

茅野先輩は恥ずかしくなって、

 

「見ないで、絶対変な顔しているから・・・」

 

しかし、田野君は

 

「ダメです。」と茅野先輩の両手を顔から外し、頭の上に押さえつけた。

 

「先輩の感じているエッチな表情が見たいのです。」

 

その言葉で、茅野先輩は田野君にキスを・・・

 

「もう我慢できない。先輩のすべてをみたい・・・⁉」

 

「先輩が欲しい。先輩を独り占めしたい、先輩の中に出したい」

 

「ダメ」

 

「ガシャ!」

 

「えっ」

 

茅野先輩は足を田野君の背中に廻し、両足で挟みロックして離れられないようにした。

 

2人はお互いの舌を絡ませ、唾液をも絡ませ快感に浸っていた。

 

その間も容赦なくピストン運動をしていた。

 

茅野先輩の息も「はぁ~、はぁ~、はぁ~、」と乱れている

 

田野君は、ガマンできない状態で、発射寸前。

 

もう止まらない。

 

「ズン、ズンッ、」と奥まで入れては出して、

 

若い力まかせに、激しく上下運動を、

 

図書館の準備室の一室で2人のいやらしい音と匂いが充満している。

 

「でる・・・!」

 

「びゅっ・・!ドクンッ・・・!」

 

茅野先輩の身体も、

 

「ビクッ!ビクッ!」

 

小刻みに震えている。

 

勢いが違う精〇が茅野先輩のマ〇コの奥深く流れ込む!

 

「ヌポッ、」

 

その後、茅野先輩のマ〇コから田野君の濃い精〇が、

 

「トロ~~~!、ドロリ」

 

その間も茅野先輩のマ〇コは、

 

「ピク!ピク!」

 

と震えていた。

 

2人は、激し運動をしたかのように、息が乱れている。

 

「はぁ~、はぁ~、はぁ~、はぁ~、はぁ~、はぁ~、」

 

この瞬間は、長い時間のような感じがしていた。

 

その時、田野君は。

 

「先輩、好きな人いますか・・?」

 

「えっ」

 

雰囲気が良くなっていたが、その時に学校のチャイムが

 

「キンコーン。カンコーン」

 

「チャイムなりましたね!」

 

「う、うん」

 

「田野君は帰る支度をしなきゃ」と慌ててズボンを穿きだした。

 

この勢いで告ろうとしたが、なに勢いだけで告白は馬鹿げていると、自分に言い聞かせていた。

 

フラれたら先輩に合わせる顔がない。

 

その時、茅野先輩は、

 

好きじゃなきゃ、しないよ、・・・

 

ばぁ~か・・・

 

小声で言ったが、

 

田野君は聞き取れなく、

 

「ハイ、ティッシュ!」

 

「なんか言った」

 

「なんでもないですよ~だ!」

 

しかし、そこに、

 

この行為を一部始終目撃している女性教師がいた。

 

「ふふっ」

 

意味深な笑いを浮かべていた。

 

面白いもの見ぃ~つけた・・・

 

2人は、何も気づかず、下校していった。

 

つづく。

 

第2話はここまで

 

 

第2話の感想

 

初めての体験にしては、とても濃い内容である。

 

いきなり、フェラチオ・クンニはさすがにすごい。

 

生だしの危険より、勢いが勝った。

 

2人は、相思相愛であるからこそ、ここまでやれたと思う。

 

茅野先輩は、田野君が来るのをわかっていて、わざと、あの本を置いていたのでは!

 

そう思うのは、私だけかな?

 

そうでないと、ここまでスムーズにいかないと思う。

 

そうであれば、茅野先輩は、凄い。

 

好きな男性を手中に入れる策略家である。

 

新たに謎の女教師が出現。

 

今後の展開に注目。

 

早く第3話がでないかな?

 

ここまでで、想像してスッキリしたいあなたは

↓  ↓  ↓ 

BookLiveコミック

 

検索に「図書室のかわいい先輩と秘密のお勉強」をコピペして検索して下さい。

第1話のをみたい方は

こちらへ>>>